awsのサーバー監視サービスはどこまで無料?

仕事でAWSについて学ばなければいけない場合、経験を積んだシステムエンジニアでもない限りカタカナや専門用語が多すぎて辟易してしまうかもしれません。まずはこれからのビジネスにおいて欠かせないであろうAWSについて、そして今回は特にサーバー監視サービスという項目に絞って、できるだけ細かく砕きながら説明していきたいと思います。

合わせて読む:awsのシステム監視には、メール通知機能が標準装備の「Amazon CloudWatch」が最適な理由

AWSとは

そもそもAWSとは何でしょうか。これは「Amazon(アマゾン)Web(ウェブ)Service(サービス)」の頭文字を取ったものです。アマゾンウェブサービスというのはAmazonが提供しているクラウドコンピューティングを使ったサービスの総称を指します。

クラウドコンピューティングは単に「クラウド」と呼ばれることもあります。よく耳にするとは思いますが、クラウドとは具体的に何を意味するのか理解できているでしょうか。クラウドというのは、インターネットを通して必要なサービスをいつでもどこでも利用することができるサービスのことです。

パソコン上で何かの作業をする時は、普通なら必ず誰かの手によってシステムやソフトウェアをインストールして自分のパソコン内に取り入れる作業が行われています。そのためソフトをインストールしている端末でしか作業することがでできませんが、クラウドならインストールなどの手間を省くことに加え、インターネット環境が整っていればどんな場所でもどんな端末でも作業することが可能になります。

クラウドの基本的なサービスをAmazonが構築したものを提供してくれているのがAWSです。AWSは120種類以上のクラウドサービスを提供していて、世界1位の利用率を誇るクラウドサービスです。

AWSでできること

120種類以上のサービスがあるのですべてご紹介することはできませんが、代表的なものだけ挙げておきます。まず、Webサイト運用のためのAmazon EC2です。AWSで一番多く使われているサービスで、この機能を使うとオンプレミス(システムの構築や運用、管理をすべて自社内で行うこと)のシステムをクラウド上に移行させることができます。

オンプレミスの場合、セキュリティ面の安全というメリットがあるのですが、クラウドにおいてもセキュリティ面が日に日に改善されていて、今やクラウドの方が安全だという見方をする人もいるくらいです。クラウドに移行しておくことで、オンプレミスの苦手とする災害復旧の対応や、障害が起きた時の修復時間の短縮という点に役立たせることが可能です。

Amazon Simple Storage Serviceというバックアップ機能もあります。これは、容量制限が無いにも関わらず安価で利用できるというメリットがあるものです。99.999999999%の耐久性があるという非常に高い稼働率があり、このゆえに障害に対する強みを持っています。

最後に、今回注目することになるAmazon Cloud Watchというサーバー監視サービスがあります。この機能は異常な状態がないかどうか監視してくれて、さらに復旧もしてくれる優れものです。どれだけの使用量か、パフォーマンス性に問題がないかどうかを調べ、データ化もしてくれます。

サーバー監視ツールーAmazon Cloud Watch

AWSのサーバー監視ツールにAmazon Cloud Watchがあります。なぜサーバーの監視をする必要があるのでしょうか。サーバーの監視とは、サーバーの稼働率やパフォーマンス値を監視するということです。

目的はシステムを安定して稼働させるためです。そのためにシステムの異常をいち早く検知し、システムダウンを予防する必要があります。システムダウンした時にもすぐに原因を特定し、素早い復旧対策を行うことができます。

運用するシステムの規模が大きいほど周りに及ぼす影響は大きくなるので重要なシステムになります。Amazon Cloud Watchの場合、ほかの監視ツールとは違い複雑な作業を必要としません。

Amazon Cloud Watchがおすすめな理由

Amazon Cloud Watchを使うと良い理由を挙げましょう。別の機器やソフトを導入するという必要が無く、専門的なスキルを必要としません。人材や労力の削減につながるでしょう。Amazon Cloud Watchではマネジメントコンソールという設定画面一つでパーフォーマンスデータが見られるので複数のサービスの状況を単一画面で確認することができ、かなり作業効率が上がります。

アラーム設定をしておくことでネットワーク接続の問題、メモリ不足、ファイルシステムの破損などが設定基準値を超えた場合に通知してくれるので問題点の発見が早まります。意外な点ですが、CloudWatch エージェントを使用することでオンプレミスでのサーバー監視も可能になります。

Amazon Cloud Watchの料金は

Amazon Cloud Watchを含めたAWSの料金体制は従量課金制となっていて、使った分だけ料金を払うシステムになっています。オンプレミスでは一定の費用が毎月発生するため長期運営においては割高になる場合がありますが、AWSの場合使わなかった月の費用は少なくなるので、コスト削減が見込めるでしょう。

何より、AWSには無料利用枠が設けられていて、一定の利用範囲内であれば無料で使用できるという利点があります。3種類のサービスに分けられていて、短期間無料で使えるトライアルタイプ、サインアップの日から12か月間無料で使える期間限定タイプ、期間に限りなく無料で使用できる常時無料で使用できるタイプに分かれています。

Amazon Cloud Watchに関して言えば、最大50個のメトリクス(収集したデータを計算や分析を加えてわかりやすい数値に変換したもの)からなる3つのダッシュボードまでが無料で使用可能。また監視時間は最短5分間隔まで無料で設定できます。

料金面に関してもアラートを設定しておくことができるので、無料の範囲を超えそうになったら通知してくれます。

AWSのこれからの使い方

これからの時代はテレワークやオンラインスクール、リモート学習といったウェブ上でのサービスが増えていくことが予想されます。オンラインでつながることに加えてその時間が長時間化するほど、どれだけ安定したサービス提供ができるかがカギになってくるでしょう。

そのためのシステム構築のために一から学ぶのは膨大な労力と時間がかかりますが、AWSではサービス運用の基礎も、システム監視やセキュリティも整っているので、今から使用方法に慣れておくと大きな戦力として役立つ時がくるかもしれません。

クラウド市場拡大にはAWSの知識が必要

カタカナやIT用語はややこしくて頭が痛くなるという人もいるかもしれません。しかし、IT化社会でウェブサービスについて理解しておくことはこれからのビジネスにおいて避けられないでしょう。AWSは機械を苦手とする人にとっても始めやすい分野だと言えるかもしれません。

AWSを使いこなすことによって他社との差別化を図ることができれば、クラウド市場拡大の波にも乗ることができるでしょう。